シドニー トップページへ : オーストラリア シドニー ホテル 旅行 観光
シドニー観光 旅行 オプショナルツアー シドニーホテル
オーストラリア まごつきませんシドニーでは
 

↓まごしどサイト内検索  【 使い方 】

 
 
シドニー 掲示板:まごつきませんシドニーでは
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お願い
えー月並みですが、誹謗・中傷、勧誘、露骨な宣伝等禁止といたします。
その他、皆さまが嫌な気持ちになるような書込みは避けていただけるとうれしいです。
適切でないと判断した場合は削除します。ごめんなさい。

質問への回答を頂きましたらお礼を言いましょう。(私管理人へは特に必要ありません。)
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
現在スパム対策のため返信がありましても親記事をトップへ移動しないようになっています。
スパム対策を施し、効果が現れましたらまた元通りにしたいと思います。
それまでは皆様の書き込みに返信がないか時々チェックに来てくださいね。

メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

シドニーメルボルンその6 投稿者:エラン 投稿日:2018/04/22(Sun) 06:28 No.11806  
みなさん、こんにちは。

メルボルンにもチャイナタウンというところがあるんですね、パーラメントハウスから、歩いてもいけるくらいの近いところですが、バークST沿いのトラムで2つばかり先の駅まで。地図をみながら路地道へ入っていきます。

チャイナタウンときいてきましたが、時間帯?そもそも繁華街でない通り?人通りもなくて静かなところ、目指すお店は・・・なぜかドイツ料理のお店「ホフブラウハウス」というところです。なんでこんなところに?スカパーで見た「ボンダイ動物病院」という番組で、主人公のクリス医師が休暇で世界各地を訪れる、という回のときに、このお店で「シュニッツェルチャレンジ」というのをやっていたので、ぜひ行ってみようと思い、やってきたというわけです。

ドイツ料理といっても、ここはバイエルン地方の料理、というふれこみで、チキンシュニッツェルがメイン、ビール、プレッツェルなどがあります。看板の出ているところのドアから入ったら、人気がない・・・「いらっしゃい、あなたたちランチ?ここは飲み屋コーナーよ、食事は右の扉から入ってね」おねえさんに教えてもらい、入り直しました。

シュニッツェルというのは、ご存じと思いますが、チキンカツみたいなものです。「シュニッツェルチャレンジ」というのは、とても大きなシュニッツェル75ドルを時間内に食べ切ったら、75ドルがタダになる、という、大食い挑戦メニューです。とてもじゃないがムリなので、ふつうのシュニッツェルと、プレッツェルをいただきました。付け合せのチップスもホクホクで美味しくいただきました。プレッツェルもほどよい塩気、かむほどに味わいがあって「こういうのが食べたかったんだよ!」と感じました。

さらにトラムでクイーンビクトリアマーケットへ。すでに午後3時過ぎで、店じまいの時間帯のようでした。シドニーのパディスマーケットみたいな雰囲気でした。

さて、トラムですが、シティサークルが走る線路の内側の、シティの範囲内なら、どの線でもどの番号の路線のトラムでも乗り降り自由、シティサークルの外でも、クイーンビクトリアマーケットまでの範囲はフリーゾーンです。ヤラ川にかかる橋の手前の乗り場までは無料ですが、ほんの数十メートル先の橋の上の駅には「この駅はフリーゾーンではありません」と大きく書かれていました。今回はフリーゾーン内だけ、と決めて行動したので、マイキーカード(シドニーでいうオパールカード)は買いませんでした。もし次回があれば、買って使って、もう少し遠くまで行こうと思います。

タラマリン空港までは、サザンクロス駅の地階のバスターミナルから、10分おきに「スカイバス」という送迎バスが出ており、窓口で切符を買えばすぐに乗れます。大人1人19ドル、時間は40分くらいです。空港の地上階(到着階)に着きますので、そこから出発階までエスカレーター。日本航空のカウンターは・・・あれ?事前の案内とは違うところにありました。
しかもエディハド航空の受付が行われています。ははあ、出発時間が早いエディハドの受付が終わったら、看板を置き換えて日本航空の受付になるんだ、というわけで、しばらく待ち。

やがて東洋人が集まり始め、日本航空のスタッフも集まってきて準備がはじまりました。あれ?おかしいな?出国カードを持っている人がいない、カウンターにも準備されていない・・・スタッフに「以前来たときは出国カードというのがありましたが・・・」と質問したら「廃止になりました」だって!へえー14か月留守にしたらこんなことが起きていたんですね!

無事セキュリティーも通って搭乗口へ。うーん、キングスフォードスミス空港よりお店が少ない?さびしい?時間帯のせい?(23時ごろ)カフェで軽食をとってから乗り込みました。

夜半過ぎに出発、セントレアにはその日の午前中には到着しました。16時くらいまでに日本国内の住まいに到着でき、シドニーからだと23時くらいに到着になるのとは大違い、ゆっくり休んでから、翌日からの出稼ぎ稼業に向かえます。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。次回年内画策中。ただし日数は短くなる見込みです(泣)

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... ヒゲ熊 - 2018/04/22(Sun) 08:39 No.11807  

出国カード廃止、ほんまや!
http://australia-now.info/archives/7515


2度目の旅 投稿者:イエヤス 投稿日:2018/04/18(Wed) 12:24 No.11800  
みなさん、こんにちは。

NHK BSプレミアムで放送されている2度目の旅シリーズ。
明日は、ケアンズが放送されますね。
そして翌週26日は、我が街 "シドニー" のようです!

ようやく?!でしょうか。
楽しみです。


Re: 2度目の旅 エラン - 2018/04/19(Thu) 10:07 No.11801  

イエヤスさん、こんにちは。
みなさん、こんにしは。

イエヤスさん
毎度ながら素晴らしい情報をご教示いただき、ありがとうございます。さっそく録画予約だーっ!とリモコンカチカチやっていたら!、本日(19日)の午後、以前放送のあった「世界ふれあい街歩き」のシドニー編の放送があるようです。パディントンで落書き親子に会う話のやつらしいです。

そして2度目のシドニーは、ブルーマウンテンズも訪れるとか。楽しみですね。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: 2度目の旅 ヒゲ熊 - 2018/04/19(Thu) 16:04 No.11802  

これらの番組が、シドニー帰りたい病の鎮痛剤になるか、悪化の元になるか?!


Re: 2度目の旅 てつぱぱ - 2018/04/20(Fri) 20:16 No.11803  

こんばんは、
来年3月にシドニー行きを決め、今回はANA便を予約しました。


Re: 2度目の旅 ヒゲ熊 - 2018/04/20(Fri) 22:55 No.11804  

 横レスですみません。
てつぱぱさん、以前「年末にパース」っておしゃっていましたよね。それとは別に来年3月にシドニーですか?


Re: 2度目の旅 てつぱぱ - 2018/04/21(Sat) 04:24 No.11805  

はい、そうなんです。60歳になって時間もできたので。
パースはシンガポール航空、
シドニーはANAとANAマイル修行に挑戦です。


シドニーメルボルンその5 投稿者:エラン 投稿日:2018/04/15(Sun) 07:04 No.11797  
みなさん、こんにちは。

バスは、メルボルン・サザンクロス駅の地階にあるバスターミナルに到着。コインロッカーがたくさんあり、トランク2個が余裕で入る大きさのロッカーに入れようと・・・1か所に数十個のロッカーがまとめられていて、液晶画面の操作盤で集中管理するようになっっていています。えーん、またまた英語の表示を読まなければならないのか・・・画面をながめて固まっていたら、後ろを通ったバス会社のスタッフおじさんが「何やってんだ、どれ」と操作手順を教えてくれました。無事ロックがかかって「あなたの荷物は○○番のロッカーです」という伝票がプリントされます。

さっそくトラムに乗ろうと、歩いて駅の正面へ。おお、道路にレールが!おお、走ってきたきた!テレビでみたとおりだ!サザンクロス駅からはシティサークルには乗れないので、フリンダースSTまで歩いていくと・・・

乗り場にテープが張り巡らされていて、係員が立っています。「今日は何かあるのですか?」係員「はい、午前中はイベントでドッグランズ周辺は運休です。この駅から東方向は走っていますよ」だって。で、東からやってきたトラムに乗りました。なにしろ初めてのメルボルンですから、どこまで行けばどこに行けるのかもわかりません。トラムの路線図をじっくりみながら・・・まずはフリンダースストリート駅前で降りて、この歴史ある駅舎の前で「メルボルンにきました候」写真をとります。天気はいまいち、分厚い雲。風も強くて寒いです。

トラムで少し西方向へもどり、エリザベスSTからシティ中心方向へ。ここもメルボルンの名所「ブロックアーケード」です。まだ朝早い(9時台)で、人出はほとんどありませんが、ここにある超有名な「ホープトンティールーム」はすでに満席。私たちは興味なく通り過ぎましたが、後ろからきた東洋人女性2人組は、流暢な日本語で「あ、ここ、ここ、いまなら並んでないよ、入ろうよ」しっかり予習して目指してきたのなら、ぜひ楽しんでくださいね〜

このアーケードから通じている路地道に、これまたよく紹介される「カフェ通り」があります。ここも興味なく、というか、後の予定を考えて、いまお腹いっぱいにならないようにしようと、素通りしました。呼び込みのお兄さんお姉さんがいっぱいでしたが、そうしないと競争に勝てない、やっていけないお店なんでしょうか?

コリンズSTに戻り、トラムを待ちます。相変わらず風つよし。ここから東方向に乗っていくと、シティの端まできたら交差点をグワーンと曲がって北方向へ。そしてその右前に「パーラメントハウス」(ビクトリア州議事堂)の立派な建物があります。まずは、その先にある、セントパトリック大聖堂に入ってみました。あきらかに観光客という人もいましたが、今日は日曜日で、おそらくカトリック信者でしょう、大勢の方が集まっていました。ステンドグラスなどを見ながらのんびりしていたら、すぐにミサが始まるようでした。わたしたちはオルガンと合唱に興味があったので、信者にまじってそのまま座っていました。

正直に白状しますが、これがいけなかったと、後に反省しました。ミサの儀式はカトリック信者にとっては大変大切な、神聖なものですから、興味本位で音楽を聴くなど、信者からしたらもっての外、ということです。儀式の意味など、私たちにはわかりませんので、儀式が終わった後にうろうろしていたら、お世話係、といった風情のおじさんに呼び止められ「きみはカトリックではないのか?」と問い詰められました。正直に「はい、カトリックではないです、申し訳ありません」と答えたら大変厳しい表情で「きみにも神の祝福を」と言ってくれました。

神妙な気持ちになって外に出たら、雲が切れて日が射してきました。しかしとにかく風がつよい。パーラメントハウスに向かい、正面側に回ったら!

「あっ、ぼうしが・・・」キャップが風で飛ばされて、みるみる転がっていってしまいました。走って追いかけましたが、車道に入っていってしまったので、危ないのであきらめました。気を取り直して、正面の階段を上ろうとしたら、吹奏楽の演奏が聞こえます。歌のお姉さんが十数人のバンドの伴奏で歌っていました。ん、行列ができているぞ、その先に「OPEN DAY」の看板が立っています。おお、どうやら今日は、パーラメントハウスの見学ができる日なんだ!ラッキーぜひ見に行こう、行列に並んで待っていると「きみ、これは」

「は?はい」制服のおじさん「このぼうしはきみのじゃないかね?」「は、そうですが」「じゃどうぞ」何が起きたのか理解できるまで数秒かかりました。びっくりを通り越して大感激でした。道路の向こうで拾った人があって、走って追いかけていたわたしの姿をみて、人伝てに届けてくれたようでした。

入り口までくると、空港みたいにセキュリティーチェックがあります。荷物の透視画面をみていた係員が「おい、きみ、これは何だね?」リュックの底の細長い影を指さします。さあ、何だったか。「ナイフか?」あ、思い出した「これはUSBのケーブルです、たたんであるのでこんな形の影にみえるんです」と説明したら「よろしい」と通してくれました。

いや、ほんとうにラッキーでした。上院の議場、下院の議場、図書館、議員1人1人の事務室、ティールーム、歴史的な場面を記録した写真など、じつに興味深いところをじっくり見学できました。現在、この威厳ある建物のとなりに、現代的で機能的な、新しい議員事務所用の建物を工事中とのことで、その紹介ビデオも流れていました。主だった部屋や廊下などに、1954年にエリザベス女王が議場に来たときの写真が掲げられていました「若いなあ、あのおばあちゃんだろ、この人」(大変失礼)

さあ、もうお昼すぎです。昼食は・・・有名店とか、わかりやすいところでもよかったのですが、あえて行ったのは・・・

またよろしくお願いします(感謝合掌)




Re: シドニーメルボルンそ... ヒゲ熊 - 2018/04/15(Sun) 08:22 No.11798  

目で追いながら一緒に散策しました。教会はどなたにもオープンだと思うので、服装やルールを守っておればそのまま座るのはOKでしょう。ただしミサは信者のみなので「きみはカトリックではないのか?」と聞かれたと思います。その答えがNOなら「ゴッド ブレス ユー」というのは一般的な挨拶と思います。
思いますばかりですみません!

 パーラメント、私はトラムから見たことはありますが中には入ったことありません。ラッキーですね!午後から夜までの報告を楽しみにしています。


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/15(Sun) 18:55 No.11799  

ヒゲ熊さん、こんにちは。
みなさん、こんにちは。

ヒゲ熊さん
ありがとうございます。ヒゲ熊さんの見解の通りと思います。ただ、演奏されたオルガンと合唱の音楽は、とても美しく、みたところたいへん若い男性ばかりでしたが、たいへんな練習というか、訓練をしているのだと感じました。

ここで、先日の、てつぱぱさんがメルボルンを訪れた時の報告にあった「メルボルン市内で交差点を右折するときの注意」について、実際に街に行ってみてわかったことをお伝えします。

トラムが通っている道路の交差点は、当然ですが、トラムの線路が道路の真ん中=交差点の真ん中を通っているので、トラムの線路ぞいに走ってきたクルマが、ふつうに右折しようすると、道路の右端ぞいに並ぶことになり、トラムの線路上にとまってしまうことになります。これでは、トラムの通行を妨げてしまいます。そこで、右折したいクルマは、交差点に入るところで、いったん左端に並び、2段階右折をするように信号が動くのです。この、2段階右折をするべき交差点は、少し手前に標識があり、これを見落とすと大変なことになってしまうわけです。標識やクルマの動きを見ていて、ははあ、大変だなあ、クルマが2段階右折とは・・・

てつぱぱさんはよくご存じと思いますが、名古屋市内の、あの「バスレーン」は、右折車のレーンと隣り合っていて、右折車がバスレーンの車線をまたいで曲がっていくようになっていますよね、あれは危ないなあ、といつも感じます。ので、メルボルンのこの2段階右折は、面倒ですが、よく考えられた方法だと、感心しました。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


シドニーメルボルンその4 投稿者:エラン 投稿日:2018/04/11(Wed) 07:13 No.11794  
みなさん、こんにちは。

車掌さんがやってきました。またまた、こわもてのおじさんですが、気さくな人でした。やっぱりきかれるのは「どこからきたの?」「日本だよん」

おじさん「えっと、これが夜食と、シャワー使ったときのタオル」お水やスナック菓子が詰められた軽食セットと、シャワー用のバスタオル、洗面セットなどが用意されていて「プレゼントだよん」だって。

「シャワーは、部屋にくっついている隣のドア、トイレ兼用で狭いから、ふつうのトイレは隣の車両にいけばあるよ」「ところで、今夜は途中のオルベリーまでで、そこからはバスに乗り換えるんだよ、朝4時ごろに到着するから、3時半ごろ起こしにきて、朝ごはん用意するよ」へえーそんなサービスもつくんだ(驚)

おじさん「で、朝はコーヒー?紅茶?」「コーヒーで」「トーストは、バター?ジャム?ベジマイト?」「ノーベジマイト!」って叫んだら、おじさんの表情が変わって「こら、ベジマイト食べないのかおまえたちは!」って、怒られちゃいました。いや本当に怒ってたわけではなく、ベジマイトが好き嫌いの分かれる食べ物ということを知っていて、そんなの食べないよ、と言った私たちをからかったようです。

わたしたち「ところで、寝るときは、ベッドはどうやって出したらいいの?」出発前はふつうの座席スタイルなので、どうやってベッドをつくるのかきいてみたところ「いつでもオレを呼んでくれ、ベッドを用意しにくるから」と言われました。

てなやりとりをしているうちに、列車がゆっくりと動き出しました。もうすっかり暗いので、外の様子はほとんどわかりません。市街地・住宅地は明かり見えるので、サバーバントレインの駅を通過していくのが見えます。朝が早いので、寝るのも早くしようと思い、楽な服に着替えてすぐ車掌さんを呼びました「ベッド出すのか?」「はい、お願いします」「じゃちょっと外に出ていてね」通路に出ていると、まずは下段のベッドは、背もたれに隠れているハンドルを引いて、バタン、っと、背もたれが倒れてきてベッドが出てきました。それから高いところにある掛け金をはずして、ハンドルを回して引っ張ると、ドスン、っと上段のベッドが開いて出てきました。ふとんとまくらを整えて、上段にあがる梯子を下ろして「はい、どうぞ」「ありがとうございました」「じゃ朝は3時半だよんおやすみなさい」「はい、おやすみなさい」

外窓のカーテン、通路側のカーテンをきちっと閉めて、わたしは上段に。寝心地は・・・ビミョーに揺れる列車、客車ですので振動は少ないですが、進行方向に対して横向きに寝ると、列車の横揺れが身体の上下方向(頭〜足)にくるので、ちょっと落ち着きのない感じでした。ぐっすりは眠れませんが、身体を横にしてふとんにくるまって休めたのはよかったです。

時刻表では、途中の何か所か駅に止まるようでしたが、気付くこともなく朝に。例の車掌さんが「おはようございます、ベッドをたたんでから、パンとコーヒー持ってきます」またしても通路に出て、ベッドは出したい時とは逆の手順で、ドスンバタンとたたまれて、ふつうの座席に戻りました。ほどなくコーヒーとパンが届けられました。

外がだんだん明るくなって・・・朝が来たのではなく、町が近づいて、明かりが見えてきたからです。オルベリーというところは、NSW州とVIC州の境目にある町です。田舎駅で長いホームと小屋のような駅舎があるだけですが、私たちを待っていたコーチバスの車寄せは大きな屋根のある立派なところでした。どうやら、メルボルン行きだけでなく、他の町へ向かうバスもここから乗り換えて向かうようです。バスの前に立っている運ちゃん?係員?に「メルボルン行きはどれ?」「いちばん奥の2台だよん」いちばん奥のバスに向かい荷物をバスのお腹にのせてもらい、車内へ。ふつうのリクライニングですが、大きい座席でゆったり座ることができ、4時間余りのメルボルンまでの旅はそれなりに快適でした。

さあ、いよいよメルボルンの街が近づいてきます。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... ヒゲ熊 - 2018/04/12(Thu) 21:48 No.11795  

グーグルで「オルベリー」をチェックしてみました。シドニーとメルボルンのほぼ真ん中ではないですか。それでも鉄道旅を楽しまれましたか?バス移動も快適とのコメントですが…。

 もし鉄道旅が不完全燃焼なら、次回の課題ですか?


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/15(Sun) 06:05 No.11796  

みなさん、こんにちは。

お詫び申し上げます。

オルベリーの駅ですが、私たちの視野からは、これといった駅舎の建物が見えなかったのですが、町の正面側にはたいへん歴史ある立派な駅舎があるようです。不明を恥じ入り、お詫び申し上げます(謝)

ヒゲ熊さん
列車旅は約8時間、バスが約4時間で、距離としては6:4くらいでしょうか。列車ではひたすら寝ていましたし、車窓が楽しめる時間帯ではありませんので、そういう意味ではビミョーな列車旅ですね(苦笑)次回は、昼間の列車で、何もない荒野の景色を楽しみたいと思います。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


シドニーメルボルンその3 投稿者:エラン 投稿日:2018/04/08(Sun) 06:13 No.11788  
みなさん、こんにちは。

朝のパン屋さん、お次は、ホテルから歩いていける、ボンダイジャンクション、オックスフォードST沿いのこれまた名店「クックアンドベイカー」。座るスペースは店内には無く、歩道にテーブルを出して何席か、あとは丸椅子が積んであるので、勝手に使ってねスタイルです。大通りに面していますで、クルマで来て、そこいらへんにとめてお店に来る人の多いこと!ん十年前のピックアップに大型犬をのせたアンちゃんとか、ピカピカのベンツとか、さっと来てさっとパン買ってさっと行ってしまいます。ここでもクロワッサン、それから、エッグベーコンのキッシュ、これがまたずっしり重くて食べごたえがあります。

さてここで、今回のクロワッサンランキングを。ブリックフィールズ、バークストリートベーカリー、クックアンドベイカー、それぞれにとてもよかったです。特徴としては

ブリックフィールズ:外はサクサク中はふんわり、バランスがいい。バターの風味がもっとも出ていて味わいがある。3つの中でもっとも大きい(=長い)が、値段も高め。たしか5ドルだった。

バークストリートベーカリー:全体にやわらかめ。外も、サクサクカリカリはあまり無く、層もあまり細かくない。なのでかんだ時に表面がポロポロ落ちることも少ない。大きさはもっとも小さい(といっても長さで1センチ前後のちがいです)が、値段が安い。たしか3.5か3.8ドルだった。

クックアンドベイカー:層がきめ細かく、見た目がもっとも美しい。ので、外はよほどサクサクカリカリかと思いきや、意外にしっとりふんわり。中もきめ細かく、3つの中で中間の大きさだが、重量はもっともある。表面はポロポロ落ちやすい。ここも値段は高め。4.5ドルだったか、5ドルだったか。

濃い味わいならブリック、食べやすさならバーク、食感ならクック、というところでしょうか。個人的にはクックアンドベイカーがよかったですが、ブリックの風味も捨てがたい。

シティへ向かう方法は・・・今日は土曜日で、ロックスあたりまで行ける路線に乗ろうと考え、電車でエッジクリフ駅へ、バス324番で、ロックスの向こう、ブリッジの足もとヒクソンロードで降ります。最近整備された、バランガルー公園を散歩。今日も天気よく、ダーリングハーバーがいい眺めです。このあたりは再開発が進み、いまもっとも注目のスポットだそうです。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/08(Sun) 07:09 No.11789  

みなさん、こんにちは。

ロックスマーケット、これといっ目新しいものもありませんが、今日は何かのイベント?緑色の服装や帽子が目立ちます。仮設ステージではバンド演奏が盛り上がっています。これまた久しぶりでパンケイクスオンザロックスに。お昼にはちょっと早い時間帯で、混み合う前に入ることができました。ポークリブ、ふつうのパンケーキ。

さらにグリーブマーケット、ブロードウェイショッピングセンターへ。ここまでいったら夕食はフィッシュオンファイヤーへ。となりのテーブルに座った老夫婦に話しかけられ、日本からきたとか、これから日本はいちばんいい時期ですとか、いろいろお話できました。キングプラウンのグリル、フィッシュアンドチップス、ソルトアンドペッパースクイッド。

さあ、いよいよメルボルンに向けて夜行列車の旅へ。ホテルに預かってもらっていたトランクをもらい、セントラル駅へ。これまた今まで足を踏み入れたことのない1番線のホームへ・・・入ろうとすると、ふだんは誰もいないホームの入り口に、こわもてのおじさんが立っていて「はい、切符みせてね」「はい、これです」「荷物はそこの右に窓口があるから、あずけてね」だって。

空港ほど厳重ではないですが、いちおうチェックインカウンターがあって、荷物の重さをはかり、タグをつけてくれます。決まりでは1個20kgまで、1人2個まで、となっていて、20kg超えていたらどうしよう、と心配しましたが・・・4つのうちいちばん重いのが18kgで、この1個にだけ「ちょっと重いよ気を付けて」のタグがつけられました。カウンターのおじさん2人は、やや太めやや薄めの気さくなおじさんたちで、「おい、どこから来たんだ?」「日本だよん」「バカンスかい?どれくらいこっちにいるの?」「1週間だけだよ」「は?1ウィーク?それは休暇とは言わないよ」「でも日本では1ウィークも休めたら長いほうなんだよ」「どうなってるんだ日本は、ハハハ」

おじさんたちが胸につけているカンバッジが気になったので「それは何を表しているの?」ときいたら「ユニオンのスローガンさ、日本にはユニオンって、無いんだろ?」

おじさん「オレたちは、ユニオンのみんなで経営者とたたかって、労働条件の向上を勝ち取るんだよ」「年に5週間の休暇と、いまのサラリーもみんなで勝ち取ったんだ」とても誇らしげでした。

おじさん「ところで、おまえたちは仕事は何してるんだい?」(詳細省略)おじさん「そうか、ロビー活動なんだな」(詳細省略)このおじさんたちは、世界に目が開けている、教養のある人たちだと感じました。

さて、出発までの小一時間は待合室でくつろぎました。ほどなく列車がホームに入ってきました。おお!「世○の車○から」で見た、あの「カントリーリンク」の、青色と黄色の車体、電車ではありません、ディーゼル機関車が車列の前後についた客車列車です。エコノミークラス、ファーストクラスと、ファーストクラススリーパーの3クラスがあります。スリーパーは2人1部屋の寝台個室で、2部屋ずつの向かい合ったドアになっています。さっそく乗り込んで、指定された番号の部屋でくつろいでいると・・・

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/08(Sun) 07:30 No.11790  

みなさん、こんにちは。

訂正です。

クロワッサンの値段

ブリックフィールズ:おそらく4.5ドル
バークSTベーカリー:3.5ドル
クックアンドベーカー:おそらく4.5ドル

記憶と、改めて調べたところ、このような感じです。あいまいで申し訳ありません(謝)

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... ヒゲ熊 - 2018/04/08(Sun) 21:55 No.11791  

やはり興味は夜行列車に乗る前のおっちゃんとのやり取り。荷物のチェックがあるとは聞いていたが、実際に体験された方の報告を聞くのは初めてです。
 それと休暇の考え方!「は?1ウィーク?それは休暇とは言わないよ」ここから思うことは、「人生は楽しむために生きており、楽しむためにはお金が必要だから働く」と考える国。もう一方「人生は働きを中心に考え、働いてばかりはだめだから休暇をあげよう」と考える国の違いでしょうか。


Re: シドニーメルボルンそ... イエヤス - 2018/04/09(Mon) 11:32 No.11792  

エランさん、こんにちは。
ヒゲ熊さん、こんにちは。

緑色のイベントは、アイルランドの「セント・パトリックデー」のイベントではないでしょうか。
3/17は、アイルランドにキリスト教を広めたセント・パトリックの命日で、人も街もみーんなアイルランドカラーの緑一色に染まってお祝いをするそうです。
日本でもパレードなんかをしてるところがあるみたいですよ。

クロワッサン、想像しながら読んでいました。
私は濃い味わいのブリックを食べてみたいです!
それにホットチョコレートがあれば完ペキだなー♪...なんて妄想がとまらんです(笑)


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/11(Wed) 06:11 No.11793  

ヒゲ熊さん、イエヤスさん、こんにちは。
みなさん、こんにちは。

イエヤスさん
ご教示ありがとうございます(謝)はい、バンドが演奏していた音楽というか歌が、アイルランドっぽいとは思いました。そういういわれがあったんですね。その日は、ロックスあたりだけでなく、街中でも緑色の衣装やTシャツのグループを見かけました。

ヒゲ熊さん
やりとりの中で「はっ」としたのは「日本にはユニオンって、無いんだろ?」と言われた時でした。説明に窮しましたが、私が知る限りのことを、正直に、一生懸命説明しました。日本にもユニオンはあるが性質が違うこと、たとえば、私たちが所属するユニオンは労働運動はまったく機能していないこと、などを話しました。

またよろしくお願いします(感謝合掌)



久々のCM 投稿者:ヒゲ熊 投稿日:2018/04/03(Tue) 23:06 No.11783  
このコマーシャルを見て「おやっ、タロンガ動物園から見たCity?」と思っています。
https://www.youtube.com/watch?v=PX6CriDEhU0

最初の数秒がそれですが、それ以外がシドニーなのかどうか。わかる人おられます?


Re: 久々のCM ヒゲ熊 - 2018/04/03(Tue) 23:19 No.11784  

 投稿しておきながらカキコするのはおかしいですが、シドニーではないかも。17秒あたりのコーヒーショップの右側を見ていると、自動車が逆方向に走っています。

シドニー禁断症状でしょうか。


Re: 久々のCM エラン - 2018/04/04(Wed) 18:36 No.11786  

ヒゲ熊さん、こんにちは。
みなさん、こんにちは。

ヒゲ熊さん
うーん、残念ながらシドニーではないようですね。後ろのビル群にシドニーちっくなビルやタワーがありません(泣)

またよろしくお願いします(感謝でなく合掌)


シドニーメルボルンその2 投稿者:エラン 投稿日:2018/04/01(Sun) 06:54 No.11779  
みなさん、こんにちは。

成田の出発時刻は18:55となっていて、以前より早い?3月中はサマータイム(デイライトセイビングタイムと言うべきですね、謝)なので、到着の朝6時過ぎは、日本では5時過ぎですから、まだ薄暗い時間帯。は?滑走路が光ってる?ありゃ、雨だよ雨。しかもかなりじゃーじゃー(泣)

入国手続きはスムーズ。犬も来ませんでしたし、荷物を開けろとも言われませんでした。サバーバントレインでシティへ向かうのは、例によってシティとは反対方向の電車に乗り、1つ目のウォリークリークで降りてボンダイジャンクション行きに乗り換えます。やっぱり雨じゃーじゃー(再泣)

ところで、空港を通る電車路線が「T8」という路線番号に変わっていました。以前はT2となっていましたが、T2はシティサークルからパラマタ方面と、その南方の新線でレッピントンというところまで行く路線、とされたようです。

ホテルに荷物を預けて、まずはメルボルン行きの長距離列車、寝台個室の予約に向かいます。セントラル駅にもどり、NSWTrainLinkの窓口は・・・ああ、あんな目立つところにあるんだねえ、いままで何度も来ていて、見ているはずなのに、用のないときは目に入らないんですね(反省)窓口のインテリ風なおじさんに「土曜日の夜のメルボルン行きを予約してあります、できたらスリーパーにアップしたいんです」とカタコト説明したら!

おじさん「その日はトラックワークがあって、列車はオルベリーまで、そこからメルボルンまではコーチバスで代行だけど、知ってる?」「はい、知ってます」「じゃオルベリーまでのスリーパーでいいかな?」「はい、いいです」「じゃ予約変更しましょう」というわけで、メルボルンまでの寝台料金よりちょっと安い金額でスリーパーの予約できました。

じつは、NSWTrainLinkから2週間くらい前にメールがきていて、当然英語なのでなんのこっちゃわからず放置したら、また同じメールがきて、今度は重要と思われるところが太字になっていました。仕方なく辞書片手にえいこらしょえいこらしょと調べたら!「あなたが予約した列車はトラックワークのため途中のオルベリーまでしか行きません。そこからメルボルンまではコーチバスが代行します。このお知らせを確かに受け取ったという返答をください」というような意味でした。
あわわ、どうしよう、英語で返事するのか?えーん(大泣)

仕方なく「私は3月○日のメルボルン行きを予約した○○です。コーチバスの代行のことは理解しました。私は英語がほとんどできません。こんな返事で理解してもらえますか?よろしくお願いします」というようなことを、こちらの勝手な表現で返答しました。

というわけで、メルボルンまで10時間のはずが、朝4時に起こされてバスに乗り換えさせられ、しかも到着が列車より80分くらい遅くなる見込み・・・という、ヤレヤレな話でした。実際に乗ったときのことは後にまた。

で、この日はここからトラムでフィッシュマーケットへ。雨はすっかり上がり、日が射して蒸し暑くなってきました。生カキをたらふく賞味した後は、トラムでピアモントへ。フェリーでワトソンズベイへ。バスでボンダイへ。歩いてクージーへ。夕方はグリルドハンバーガーへ。

おっと、このフェリーの路線も一部変更がありました。ワトソンズベイへ行く路線が、ピアモントからサーキュラーキーまでの路線と一本化されたようです。ダブルベイまでの路線が独立したようです。

またよろしくお願いします。


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/01(Sun) 13:40 No.11780  

みなさん、こんにちは。

毎朝パン屋さんめぐりをしようと思い、今朝はチッペンデール、クリーブランドSTの名店「ブリックフィールズ」へ。毎回来てます、朝食メニューもありますし、タルトやペイストリーも朝っぱらから食べることができますが、やはりクロワッサンでしょう。バターたっぷり外はサクサク中はふんわりの絶品です(笑顔)

セントラル駅まで歩いて電車でサーキュラーキーへ。ブリッジとオペラハウスがみえると、やっぱり「おお、来たぞ来たぞシドニー来たぞ」という気持ちになります。フェリーでパラマタまで、のんびり船旅。だんだんと川幅が細くなって、船のスピードも遅くなって、両岸の杭の間を慎重に進んでいきます。パラマタの船着き場は、堰があってそれ以上上流へはいかないようになっていました。

街中を少し散策して、駅近くの「シリカエスプレッソ」というカフェにいきました。間口1間、奥に長いお店ですが、エスプレッソマシンなどが置いてあるテーブルは作業台?店内も木板張りっぱなしで、昔は倉庫か木工所?みたいなところでした。スマッシュアボカドトースト、フレンチトーストのランチ。

夜は久しぶりでグースガーデンのステーキに・・・行ったのですが、メニューをみてびっくり!今はもう、安いメニューは出していないようなのです。一品ずつ値段が書かれたメニューシートが置いてあるだけでしたので、引いてしまいました。で、スーパーで肉やら野菜やらを買って、ホテルで食べました(若干残念)

そして翌日は、これも名店、サリーヒルズ、バークST、その名もそのままバークストリートベーカリーへ。シドニーのパン屋さんって、なんでこんなに目立たない店構えなの?ここだ、とねらっていかないと、素通りしそうな質素な雰囲気です。しかしお客さんはどんどんやってきます、ドアの外に待ちが増える増える!ここでもクロワッサンをいただきました。

このお店の前、バークSTとデボンシャーSTの角ですが、トラム(路面電車)の新設工事が行われていました。トラムの延伸、ほんとうに本気のようですね。

バスでシティへ。バスでモスマンへ。モスマンからさらに先、ミドルヘッドというところへ行きました。バスを降りると、あれ?ゼッケンつけた数人のグループが、いくつもいくつも歩いてきます。何かのイベント?歩け歩け大会?よくわかりませんが、邪魔にならないようにしないと・・・

サウスヘッド、ノースヘッドと同じく、このミドルヘッドというところも、ジャクソン湾に張り出した高台で、かつては軍の施設があり、大砲がいくつも置かれていたところだそうです。その大砲の砲台跡にいくと、左にノースヘッド、右にサウスヘッドが望める素晴らしい景色です。その間のはるか沖は太平洋、なるほど、大砲を置く理由があったわけです。1950年代くらいまで稼働していたとパンフレットにありました。

バスでスピットジャンクションまでもどり、乗り換えのバスを待ちます。おお、来た来た!これも今回初めて、ウィンヤードからノースショア方面への新しい特急バス「B−LINE」という2階建てバス、モナベールまでの主要なバス停だけにとまるのだそうです。混雑緩和のため?乗ったらさっそく2階へ。

ブルックベール、ワリンガモール前で降りて、ショッピングセンターへ。フードコートでは、なぜか「寿司ハブ」でお寿司を買って食べました。安っぽい?お寿司屋さんですが、かなりいい線いっています。前回来たときは広範囲で工事中でしたが、今回行って、新しいお店やスペースができたようで、トイレに行った後にもとのところに戻れなくなったり、同じところを回ってしまったり、大変でした。

そしてバスでマンリービーチへ。しぼりたてフルーツのスムージー、夏の名残りの砂浜、お土産屋さんで値切った帽子、ワーフ内にあるタイ料理「チャッタイ」でパッタイとチャーハン、ライチのジュース。これまた久しぶりのマンリーからサーキュラーキーへのフェリー、夕暮れのジャクソン湾、だんだん近づくオペラハウスとブリッジ・・・ああ、シドニーだなあ(感動泣)

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルンそ... だいだい武者 - 2018/04/03(Tue) 15:38 No.11781  

だいだい武者と申します。
エランさんの旅行記は、いつも楽しく読ませていただいています。

>>歩いてクージーへ。
ここに反応してしまいました。

私が歩いた時は風や波が強く、ビーチの端にある海水プールに波が被さる中、黙々と泳ぐ姿にオージー魂を感じました。

途中の、深い入り江の奥にある隠れ家のようなビーチ(と言っても普通にパブリックビーチですが)で、犬の散歩をしている人々が、うらやましかったです。こういうところで暮らしたい!

また、途中の墓地では、構内の道路工事をしていて外周を迂回したのですが、坂道が大変でした。シドニーはどこも、海に出るにはひと山越える感じですね。

エランさんが開拓された、すてきなお店にはコメントできず、すんません。


Re: シドニーメルボルンそ... ヒゲ熊 - 2018/04/03(Tue) 22:49 No.11782  

私はワトソンズベイやパラマタ等のフェリーに反応しました。

トラム工事も遅れに遅れているそうです。工事が長引いているため倒産する店も出てきているとか。


Re: シドニーメルボルンそ... エラン - 2018/04/04(Wed) 06:52 No.11785  

だいだい武者さん、ヒゲ熊さん、こんにちは。
みなさん、こんにちは。

だいだい武者さん
そうそう!クージーまでの道のり、途中の墓地まできたら、海岸沿いの歩道は工事中で、墓地の真ん中のを通って迂回しましたよ。せっかくなので墓石をじっくりながめながら歩いたのですが、だいたい100年くらい前の年号が彫ってありました。ということは、それより前からある墓地ということでしょうか。なかなかすごい広さですし、最近建てたと思われる新しいものもありますし、文化の違いとはいえとても新鮮でした。

ヒゲ熊さん
パラマタが近づくと、景色は自然いっぱいで、その間をダラダラとすすむフェリーがいいですね。そして、突然パラマタの高層ビルが見えてきます。

つづきも乞うご期待。またよろしくお願いします(感謝合掌)


シドニーメルボルン 投稿者:エラン 投稿日:2018/03/25(Sun) 06:04 No.11776  
みなさん、こんにちは。

日本国内の住まいから最寄りの名古屋鉄道の駅まで、家族や知人に送迎を頼めなかったので、タクシーを利用しました。トランク4つと人間2人で車内はいっぱい。運ちゃんに「こんなにたくさんの荷物、どちらへ?」と聞かれ「答えられません、金と薬の買い付けですから、どこと言ったら商売になりませんので」「金はまずいでしょう、かならず見つかりますよ」「大丈夫です、中身はチョコレートの金塊をトランクいっぱいに買うんです」運ちゃんはきっと「なんちゅーめんどくせ客だ」と思ったことでしょう。

名鉄の主要駅からは名鉄が誇るセントレア専用特急「ミュースカイ」に乗り換え、1時間あまりで到着。荷物を預けたら、例によって「まるは食堂」へ直行。この手のレストランでは、満席になると入り口に名簿用紙を置いて「お名前記入してお待ちください」式の対応をすることがありますね。順番がくると「何名でお待ちの○○様、どうぞ」と呼ばれて案内されるのですが、今回はまだ混み合うタイミングでなかったので、すぐに着席できました。

ので、名簿に名前は記入しなかったのですが「○○様〜エビフライ定食です」と、よく見かけるスタッフさんに名前を呼ばれました。は?やっぱり顔を覚えられてる?

で、エビフライ定食とカマの塩焼、季節ものでカキフライまで食べてしまいました。

またよろしくお願いします(感謝合掌)


Re: シドニーメルボルン ヒゲ熊 - 2018/03/26(Mon) 11:28 No.11777  

関西の運ちゃんなら「そんなあほなぁ」とか「口止め料として儲けの半分!」って言ってますよ。

有意義な里帰りとメルボルンの旅を。


いよいよ 投稿者:エラン 投稿日:2018/03/12(Mon) 19:17 No.11770  
みなさん、こんばんは。

てつぱぱさん
ご返答ありがとうございました。パース!いいですね、ヒゲ熊さんのカキコの「街歩きパース」録画しただけでまだ見ていません。もし、日本に戻ることがあれば、それから見ることにします。あれ?日本語おかしい?

この掲示板をごらんのみなさんへ
いよいよ今週シドニー入りです。シドニーは4日滞在、夜行列車でメルボルンへ、メルボルンは着いたその日1日だけで、その深夜に日本にむけて出発です。事後報告乞うご期待!

またよろしくお願いします(感謝合掌)



Re: いよいよ ヒゲ熊 - 2018/03/13(Tue) 18:58 No.11772  

日本語はおかしくありません。「もし、日本に戻ることがあれば」の可能性を何パーセントと考えているか?です。

シドニーで4日、どう過ごしはるんやろう。友人宅訪問もしはるんやろか。今回の食事は、新境地開拓?いつものところへ?
 報告をたのしみにしています。


無題 投稿者: 投稿日:2018/03/09(Fri) 18:11 No.11766  
だいだい武者と申します。
長文にて失礼します。
3月上旬にシドニーを歩いてきました。

今回シドニーは1日で、ホテルは空港地区のRydgesにしました。国内線から国際線までのTバスですが、前回までは有料で、このホテル利用者は無料券(ネット画面)があったのですが、今回はバスそのものが無料のようでした。また滞在日が日曜日だったので、OPALカードの特典を満喫すべく、鉄道の空港駅を利用しない作戦を取りました。

今回歩いたのは、空港近くのCooks川の河口から川沿いに上流に上るSydney Bay to Bay Walkというコースで、本来はParramatta川のOlympic Parkが終点なのですが、ここからの帰路が不便なため、経路を変更して、途中のT2 FlemingtonからBurwoodまで鉄道を利用、ここから北上しParramattaフェリーのCabaritaまで歩きました

まず、空港地区から徒歩で出るのに難渋しました。空港周辺の道路には歩道がなく、Google Mapの徒歩経路では進めず、結局、国際線到着口前の駐車場ビルP7の2階からの歩道橋がCooks川に出る唯一の徒歩経路のようでした。このP7には2階に駐輪場もあり、空港まで自転車で来る人も多いのでしょうか。歩き始めてすぐに、パイロットの制服でリュックを背負い自転車に乗った人とすれ違い、オージー魂を感じました。

河口の公園には、Cooks River Trailの地図看板があり、ここからは川沿いの、自転車、ランナー、歩行者用の道を上流へ進みます。最初は川幅も広く、流れを感じない川も、すぐに狭くなり、途中からは、実際の川幅は50cmほどになりました。そこでも河川敷は広く、浸水注意の看板が出ており、豪雨にはこの道も沈むのでしょうか。

このコースは、景観の移り変わりは乏しく、住宅地の水辺公園や河川敷の運動公園をつないで歩くといった感じです。川辺には顔の黒いサギのような鳥やペリカンなどがいて癒されました。Cooks川河口〜T2 Flemington駅まで3時間。

Burwood駅前のショッピングセンターにあるフードコートで昼食(中華おかず2品とチャーハン大盛りでA$10)を摂り、午後は、ここから住宅街を北上しParramattaフェリーのCabaritaまで1時間15分。午前午後ともシドニーでは珍しく起伏のない行程でした。

CabaritaではCircular Quay行きフェリーが満員で乗れず(初めての経験です!)、次に来た、日曜祭日限定のBarangaroo行きに乗りました。Barangarooからはビル間の通路でWynyardまで徒歩5分ほどでしたので、ハーバーブリッジをくぐることを断念できれば、選択肢として有用です。

その後、T3 Marrickville近くのベトナム人街でポークロール(バンミー)を買い、Sydenhamまで歩き、ここからT4 Bondi Junctionに行き、ワインその他を購入後、400番バスにて空港地区まで帰りました。Marrickville Rd.からSydenhamまでは徒歩10分ほどで、Sydenhamの方が鉄道本数も多いので利用価値が高いと感じました。

なお、鉄道の空港駅を利用せず空港地区へはT4 Banksia駅から400番バスの逆方向(Bondi Junction行き)の方が近いのですが、Bondi Junctionのスーパーに土地勘があり、(踏破祝杯のため)確実にワインを買いたかったので、このルートにしました。


Re: 無題 ヒゲ熊 - 2018/03/09(Fri) 18:23 No.11768  

CabaritaではCircular Quay行きフェリーが満員で乗れず(初めての経験です!)
日曜日でしょ!?おそらくトラックワーク!私も経験あります。フェリーに乗って電車でcityへ。でもその電車が動いていない。振替バスが長蛇の列。

 じっくり地図を広げながら散策しますね。


Re: 無題 だいだい武者 - 2018/03/10(Sat) 18:58 No.11769  

ヒゲ熊さん、コメントありがとうございます。
なるほど、トラックワークは思いつきませんでした。振替バスと違って、フェリーには渋滞がありませんからね。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso

総数:オーストラリア シドニー 観光 旅行 総カウント数 本日:オーストラリア シドニー 昨日:オーストラリア シドニー
 
Copyright オーストラリア シドニー ホテル 2004-2014Magosido.com −All rights reserved.− ご意見・質問等はこちらのページへどうそオーストラリア ホテル
当サイトで利用する画像を含むすべてコンテンツの無断転用を、、、されたら私は悲しみますのでご遠慮くださいオーストラリア ホテル